相続放棄

借金を相続したくない場合の対処法

親の借金が子供に降りかかってくるという事態は、クレジットカードやローンが一般化している現代ではよくあることです。自分がお金を借りた訳でもないのに、負担だけを背負い込むのは回避したいところ。借金を相続しないために取るべき行動についてチェックしてみましょう。

 

借金だけを放棄することは可能か

 

遺産相続では、プラスの遺産とマイナスの遺産を両方引き継ぐことになります。つまり不動産や現金を受け取りながら、借金を背負わないという手段を取ることはできないのです。
借金を相続しないためには、相続放棄か限定承認のどちらかを選択することになります。相続放棄は相続財産全てを受け取らないという方法です。対して限定承認は、プラスの遺産を超えない範囲においてのみ、マイナスの遺産を引き受けるという方法です。一見すると意味がないように見えますが、限定承認にはいろいろなメリットがあるため、希望条件によってはこちらを選択した方がいいこともあります。

 

相続放棄と限定承認の違い

 

明らかにマイナスの財産が多い場合は、相続放棄を行った方がいいでしょう。プラスの遺産もマイナスの遺産も、すべてを受け取ることなく終えることができます。ただし手続きを行う前に遺産に手を付けてしまうと、相続放棄ができなくなるので注意が必要です。
プラスの遺産とマイナスの遺産の額がどれくらいあるのか分からず、判断が下せないときは限定承認を選ぶと良いでしょう。マイナス分よりもプラスの財産が多ければ多少は遺産を相続することができますし、仮にマイナス分の方が多かったとしても、プラス分を返済に充て、残りを支払う必要はなくなります。限定承認には先買権という制度もついているので、自宅不動産や事業など、借金を回避しつつ特定の遺産を受け取りたい場合にも向いています。

 

まずは司法書士事務所に相談を

 

相続による借金を回避したいのであれば、法律の専門家である司法書士に相談するのがいいでしょう。
相続は人生でそう何度も経験するものではありません。事前にアドバイスを受けておけば、うかつな行動で相続放棄ができなくなった、といった事態も防ぐことができます。
限定承認を選択するつもりの場合でも、司法書士は頼りになる存在です。限定承認は手続きに時間がかかる上、みなし譲渡所得税という税金が発生することになります。手続きや税務のことを素人が一人でやるのは大変なので、信頼できる司法書士や税理士などの専門家にお任せするのがおすすめです。

 

上手く借金を回避しよう

 

借金の返済義務だけを相続するのは誰でも避けたい状況です。借金の存在を嘆いていても事態は好転しないので、まずは専門家に相談してどう行動するかを選びましょう。相続放棄などの手続きには期限が設けられているので、早めの行動が大切です。

v