相続

闇金の借金相続回避のためにできること

闇金から借金をした方が故人となった場合、残された親族などに闇金の業者が取り立てにくるというケースがあります。相続人にあたる人は闇金の借金を返済する義務があるのでしょうか。闇金の借金相続を回避する手段を紹介します。

 

相続放棄ができるかどうか検討しよう

 

相続人にあたる人間は、故人が生前に所有していた財産だけでなく、借金や未納の税金なども受け継がなくていけません。相続人が故人の借金などマイナスの遺産の支払いを拒否したい場合、その支払いの義務を放棄する方法があり、これを「相続放棄」といいます。この方法を実施すれば、被相続人が残した遺産を相続する権利がなくなり、被相続人が残した借金の返済をする義務もなくなるのです。相続放棄をするには、家庭裁判所に相続放棄をする意思を伝えるために申請をしなければいけません。その申請は、自身が相続人になったことを知ってから3か月以内に行う必要があります。相続放棄の意思がある場合、まだ期限以内であるかどうかを確認しなければいけません。

 

相続放棄期間を過ぎてしまった場合は?

 

相続放棄の権利がある3か月を過ぎてしまった場合でも、相続放棄を実施する方法はあります。一般的には被相続人が残したあらゆる遺産をすべて調査、確認するには多くの時間を要します。また不動産や金品などプラスの遺産と借金などのマイナスの遺産を相殺した場合、遺産を相続した方が良いか、あるいは放棄した方が良いか、時間をかけて熟考する必要があります。そのため相続放棄にはかなりの時間がかかることが考えられ、相続放棄の申述期間を伸長することも可能なのです。伸長する方法も、相続放棄同様に家庭裁判所に申請をする必要があります。

 

専門家に相談するのが先決

 

闇金など違法な貸金業者への対応、あるいは相続放棄を実施するには専門的な知識も覚える必要があります。また相続放棄を実際に行うには、様々な必要書類を用意し、家庭裁判所へ提出しなければいけません。闇金への対応、相続放棄に関する知識、方法がわからない場合、強い味方になるのが専門家である弁護士や司法書士です。相続人の代わりに、闇金への対応、相続放棄に関する必要書類の用意などを代わりに行ってくれます。専門家へ依頼する際の注意点は、弁護士、司法書士の中には、闇金、相続に関する仕事を得意としてない事務所もいる、ということです。闇金、相続に関する実績の多い事務所を事前に調べることが大事です。

 

闇金は基本的に違法業者!しかし早めの対応を!

 

闇金は貸金業法を無視した違法の業者です。そのため理不尽な要求をされても基本的には無視しても良い存在です。しかし闇金業者はあらゆる手段を使って乱暴な取り立てを行うので、相続人の私生活に悪影響を及ぼす可能性もあります。闇金の対応に困った場合は、早急に専門家である弁護士、司法書士事務所へ相談をすることが、何よりも早い解決策です。

v