その他相続

相続に関して司法書士事務所に依頼できることは?

相続に関することは自分たちで手続きや書類作成をする以外にも、司法書士事務所で依頼して代行してもらうことも多いです。ただ、どこまで依頼することができるのかわからないという人も多いので、今回は相続に関して司法書士事務所に依頼できる内容を解説します。

 

遺言書の作成や検認

相続に関して自分の死後のトラブルを避けるため、遺言書を作成しておくという人は少なくありません。ただ遺言書は正しく作成しないと法的な効果を発揮できないという問題があるので、自分たちだけで作成することによって法的な効果を持たない遺言書になってしまう可能性もあります。

このため司法書士事務所に依頼すれば、遺言書の作成をサポートしてくれたり、家庭裁判所での遺言書の検認手続きをサポートしてもらうことが可能です。特に検認してもらうことによって第三者に遺言書を書き換えられてしまうというリスクを避けることができますし、司法書士に依頼すれば家庭裁判所への申し立ての書類も作成してくれます。また作成した遺言書の執行人もお願いすることができるので、相続人が何もしなかった場合でも遺言書の通りに実行してもらうことができます。

 

相続放棄の申立

もしも身内が亡くなって遺産を相続する権利が発生したとしても、借金などの負の遺産であれば相続放棄するという人は多いです。また何らかの理由で相続放棄をすることになったとしても、その申立をどのようにすればいいのか、自分が相続放棄をすることができるのかどうかわからないという人もいます。

司法書士はこの相続放棄の申立に関する書類作成をお願いすることができるので、時間がなくて書類作成ができなかったり手続きがよくわからないという場合に代行してもらえるのです。これまで相続放棄の経験がないという人はもちろん、なかなか時間が取れないという人は早めに司法書士事務所に相談または依頼した方がいいと言われています。

 

遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書とは、法定相続人たちがどのように遺産を分割していくのか話し合った結果をまとめる書類を指しています。

基本的には協議に参加した法定相続人たちで作成するのですが、そうすると第三者の思惑が介入したり勝手に内容を書き換えてしまうなどの間違いが起きやすいと言われています。このため司法書士に依頼して遺産分割協議書を作成してもらうことによって、正しく協議内容を書面に残すことができるのです。

ただし、遺産分割協議自体に司法書士が代理人として参加することはできないので、あくまで書類の作成をお願いするという形になります。

 

相続関係の手続きなら司法書士を頼ってみて

相続に関連する手続きや書類の作成は、あまり知識のない素人ではどのようにすればいいのかわからないものが少なくありません。このため相続関係の手続きは司法書士に頼った方が、トラブルなく対応することができるのでおすすめです。

v