相続

相続手続きは司法書士に相談すべきか?

人が亡くなるとやらなければならないことがたくさん出てきます。相続手続きもその一つです。間違いなくこなしていくためには専門家の力を借りることも考えなくてはなりません。その一つとして司法書士への相談について考えていきましょう。

 

相続手続きは複雑な手続き

 

相続手続きは難しいことが多いです。まずは戸籍を収集して相続人を確定します。遺言があれば、場合によっては裁判所で検認手続きなどを行う必要が出てきます。そのうえで相続人が集まってどのように財産を分けるか遺産分割協議などを行っていくことになるでしょう。その後財産の特定や遺言の処理、不動産などの登記手続きなどやらなければならないことは複雑でたくさんあります。
さらに相続放棄をするかどうかなどについて考える期間は3か月しかありません。その中で適切な判断をして手続きをしていくという事は大変難しいということができるでしょう。

 

相続手続きを自分で行うデメリット

 

相続手続きを自分で行おうとした場合、実際にどのような手続きをするか調べていくだけでもかなりの時間を必要とします。時間がかかるというだけではなく一定期間が経過すると相続放棄などの手続きができなくなることもあるので注意が必要です。さらに登記手続きでは戸籍や印鑑証明書、住民票など多くの書類を集める必要が出てきますが、関係者が遠方にいる場合などはこうした書類の収集が難しくなるために手続きが進まないという事もあります。書類の不備できちんと手続きが行えないと権利を守るうえでも問題が出てきますから、こうした点がデメリットといえるでしょう。

 

相続手続きは専門家である司法書士におまかせ

 

相続手続きをきちんとした形で進めていくためには、専門知識が必要となります。特に不動産など価値が大きなものが含まれている場合は登記手続きなどについてその都度済ませておきたいものです。登記を放置していたことで関係者が膨大になり、処分できずに困っている土地というものも多くなっています。
だからこそ司法書士に相談してみることが必要なのです。司法書士は登記の専門家ですから登記手続きを視野に入れて適切な方法を提案してくれます。所有権はもちろんですが、抵当権などの担保権についても手続きが必要になることがありますからその点も含めて相談することから始めてみましょう。

 

正確でスムーズな手続きのために

 

相続手続きはその後のことを考えると正確にこなしていきたいところですし、できるだけスムーズに進めていきたいものです。まずは司法書士などの専門家に相談していくことで、何をすべきかを知ることから始めてみましょう。

v