相続登記遺産承継

遺産承継に関する登記を司法書士に依頼するメリット

故人が亡くなった時に遺産を残している場合には、遺言や家族同士の話し合いによってそれぞれに承継する手続きが必要です。もし遺産の中に不動産や金融機関の口座などが含まれていた場合には名義変更も行わなくてはいけません。そこで今回は、相続登記における司法書士への依頼についてご紹介します。

 

相続に関する登記手続きはプロに依頼するべき

 

故人の残した遺産を譲り受ける場合には親族を含めた相続の権利を持っている人達での分割協議はもちろんのこと、法律上の様々な手続きが必要になります。これらの手続きは遺産内容によっては登記所と呼ばれる法務局だけでなく、税務署や各金融機関などに対して必要となり、少なくはありません。
それぞれの場所での手続きに必要となる書類の数も異なり全て自分で用意して作成するには多くの時間や労力が掛かってしまいます。相続登記の手続きに期限はないとはいえ、できる限り早く済ませた方が安心できることから、手続きを円滑に進める上で司法書士などの専門家への依頼がおすすめです。

 

司法書士が代理できる遺産承継手続きとは?

 

遺産承継は法律に乗っ取って手続きを進めていく必要があることから、依頼をする場合には士業と呼ばれる職業の弁護士や司法書士を選択するのが一般的です。
司法書士が遺産相続に関して行なえる手続きはいくつかあって、その一つが相続人調査になります。これは戸籍などの情報を元に親族の相続関係図を作成して誰に相続の権利があるかを確認するのです。その他にも、遺産分割協議書の作成や不動産などの遺産を被相続人から相続人に名義変更する相続登記の手続きも行なえます。ただし遺産分割における調停や審判について司法書士は書類作成業務のみ可能で、代理人になることができないので注意が必要です。

 

司法書士に遺産承継業務を依頼するメリット

 

遺産承継の手続きを司法書士に依頼する上でいくつかのメリットがあって、その一つが時間や手間の節約と万が一の時の保証です。法律上の手続きには決められた書類の提出が必要不可欠で、自分で手続きを行なうと記入の不備や書類の不足といった二度手間になってしまうことも少なくありません。その点、専門家に依頼することでスムーズに手続きを進められます。また、司法書士に依頼をした上で万が一損害賠償などの請求が発生してしまっても保険に加入しているので、事案によっては保険金が支払われるので安心です。
もう一つがコストパフォーマンスになります。遺産承継業務は様々な専門家に依頼をすることができるとはいえ、手続きに必要な報酬はバラバラです。依頼する専門家によっては数百万円の費用が掛かってしまうケースもある中で、司法書士であれば比較的リーズナブルな値段で引き受けてくれるので費用の負担を大幅に減らすことができます。

 

遺産相続で親族同士のトラブルを避けることが大切

 

故人が残した遺産を誰が相続するかで親族同士でトラブルになってしまうケースは少なくありません。残された家族の間に溝ができないようにするためにも、遺産承継などの法律に関わる手続きは専門家に相談しながらすすめることも一つの方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

v