相続

モチはモチ屋!相続の相談なら司法書士へ

相続は思いのほか面倒な手続きが多く、人間関係のいざこざにも巻き込まれてしまいがちです。そんなときは専門家に任せるのがいいでしょう。相続のプロである司法書士なら安心して相続が行えるのです。今回は司法書士と相続について説明します。

 

司法書士は各種手続きのアドバイザー

 

司法書士は、主に企業や個人に依頼され法律に関係する書類の作成や、法律上の手続きを代行する仕事をします。司法書士になるには国家資格が必要であり、有資格者にしかできないと定められている業務がこなせる仕事です。そのため複雑な法律関係の書類作成や各種手続きに関するプロであり、専門的なアドバイザーとして活躍しています。司法書士にとって最も重要な業務は利害関係や権利関係が絡む内容です。特に被相続人が死亡した後の相続に関係する手続きは、個人の利益も絡むため第三者である司法書士に任せるのが公平であり、安心です。

 

相続における司法書士の役割とは

 

司法書士は登記に関する専門家です。被相続人が死亡し、不動産を相続する際には相続不動産の名義変更を行う必要があります。不動産を相続することは非常に多く相続の約半数のケースで不動産が相続されています。この相続不動産の名義変更業務は税理士や行政書士にはできませんので、司法書士に依頼する必要があります。また司法書士は、不動産の相続登記だけでなく、その他の相続に関する手続きも代行して行えます。そういった理由からもすべての相続に関することを一人の司法書士に依頼するのがおすすめです。そうすることで何人もの専門家と連絡を取り合うことやそれぞれに報酬を支払うといった必要もなくなります。

 

銀行預金の相続手続きも司法書士におまかせ

 

被相続人が銀行などの金融機関に口座をもっている場合、被相続人が死亡すると銀行はその預金を凍結し現金の引き出しができない状態にします。そのため預金を相続した場合には銀行に相続の手続きをする必要があります。これは一部の相続人が勝手に預金を引き出してしまうことを防ぐためですが、相続の手続きには非常に多くの書類が必要です。必要な書類をすべて集め、銀行の窓口へ何度も足を運ぶのは大変な作業であり、仕事をしていると平日に休みを取るのも難しいといえるでしょう。そういった際にも司法書士は相続の専門家であるため、すべて任せておくことが可能です。

 

相続はプロに任せて正解!

 

相続は思いのほか手間と時間がかかる作業です。たくさんの書類を用意し、争い事が起こらないように人間関係にも気を配らなければいけません。そのため、プロである司法書士に任せてしまうことをおすすめします。司法書士であればおまかせすることで相続手続きが完了でき、被相続人の思いを受け継ぐことが可能です。なお、司法書士は相続人の代理人となって、相続人間の話し合いに参加することはできません。

v