不動産相続相続登記

相続登記は司法書士に任せるのが安心?

遺産相続により不動産を取得した場合、名義を書き換える相続登記を行う必要があります。この相続登記は自分で行うこともできますが、司法書士に依頼することも可能です。どちらを選ぶべきか、自分のケースに合わせて確認してみましょう。

 

相続登記は自分でできるの?

相続登記を行うのに特別な資格は必要ありません。素人であっても書類を集めて自分で行うことは十分可能です。ただ、相続登記には戸籍謄本や住民票、遺産分割協議書といったたくさんの添付書類が必要になります。これを集めるのはなかなか大変なので、手続きに手間と時間を割くことができるか、事前に検討することが大切です。
どの書類が必要になるかは、それぞれの事情によって異なります。相続人の数が少ない、相続する不動産が近場にあるといった状況であるなら、自分で手続きに挑戦してもいいかもしれません。仮に途中で挫折してしまったとしても、そこから司法書士への依頼を検討すればいいのです。

 

相続登記を司法書士に依頼するメリットとは?

相続登記は、たくさんの書類が必要になったり、複雑な手順を踏まなければならない場合があります。そんな時に頼りになるのが司法書士です。手続きにかかる手間と時間をカットすることができるので、日頃忙しい人は司法書士への依頼を検討すると良いでしょう。
司法書士に依頼すると、不動産が遠隔地にある場合や、相続関係が複雑化しているようなケースでも対応してもらうことができます。特に相続登記を行わないまま長期間不動産を放置しており、もはや誰が相続人なのかも分からないという場合は、本人では、他の相続人の戸籍等の書類を収集することができないケースもあり、本人ではなく法律の専門家に任せた方が事態をスムーズに進めることができます。

 

まずは無料相談でお見積もりを

司法書士事務所の費用や報酬は自由化されているため、各事務所が自由に決められることになっています。相続登記の平均的な報酬額は5~10万円程度となっており、手続きの難易度や相続人の数、不動産の数などによって金額は上下することになります。特に相続する不動産が複数ある場合や、不動産が複数の地域に分散している場合は費用が高くなる傾向があります。事務所を探す時はまずは無料相談を利用し、見積をとってもらうと安心です。この時、報酬体系をしっかりと確認しておきましょう。手続きを進めていく中で、想定外なこと(例えば、自分たちの知りえない相続人がいる場合など)が発生するケースもあります。

 

自分でできるか検討しよう

相続登記を自分で行うか司法書士へ依頼するかは、手続きに自分がどれだけ手間と時間をかけられるか考えて決めると良いでしょう。相続人が多い場合や不動産が色々な場所に散っているような場合は、専門家に任せた方がスムーズに進みます。その場合も料金についてはしっかりと確認することが重要です。

v